読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くらもちふさこ(文藝別冊)

文藝別冊Special Issue総特集「くらもちふさこ」 KAWADE夢ムック、2017年

デビュー45周年を記念した総特集としてくらもちさんへのインタビューや漫画家さん達のくらもちさんへのリスペクトを語った本がまとめられました(インタビュー2本は1997年と2009年の再録ですが、巻頭にイラスト集に続いて簡単な一問一答式Q&Aもあります)。表紙は代表作の「いつもポケットにショパン」の季晋ちゃんと麻子!単行本に収録されていなかった比較的最近の読み切り「Daydreaming」も収められていました。

まだ全部読み通していませんが、河出書房新社らしい凝った作りです。

特に「このシーン&セリフがすごい!」では漫画読み23人にアンケートして印象深いシーンやセリフを選んでもらっていて、どのシーンも懐かしいものばかりで感動でした。

また「よくわかるくらもちふさこ講座」では恋愛、表現技法、食、音楽、ファッションの5つの切り口から読み解いたもの。特にファッションについてはお洒落に描かれていると感じることはあってもあまり注意していなかったので面白かったです。

もちろん主要作品の簡単な解説や定番の年譜、全作品リストも入っているので資料的な価値も十分。絵が期待したより少ないのがちょっと残念ですが、今までに出た『くらもちふさこの本』(85年)や『くらもちふさこイラストレーションズ』(96年)に比べて読者層が広がって読み方も深くなっていることのわかる特集でした。

くらもちふさこさんは中学時代に親から少女漫画を読まずに古典を読めと言われて持っていた漫画を全て処分させられた時にひそかにこっそり隠し持ち続けていた程に昔から好きな漫画家さん。画風はその後どんどん変わっていきましたが、根底にあるスピリッツ・精神は変わっていないと思っています。昨年末に長期連載が完結したばかりで今はエポケー状態なのだそうですが、落ち着いたらこれからも描き続けて下さい!