読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就職か?就社か?

今年も、多くの新入社員が誕生した。

電車の中でも、新しい背広に身を包んだ、

初々しい若者を見かける季節だ。

ところが、胸躍りせっかく入社したものの

「3年で3割が退社」する状況が

バブル時代から、もう40年以上も続いているそうだ。

人手不足で売り手市場になり

自分のやりたいことを選べる時代になっても

なんで、石の上に3年で退社してしまうのか?

専門家によると、欧米では一斉に新入社員を募集することなく、

それぞれも専門部署で雇用するのが原則なっている。

対して日本では、新入社員を育てて企業に染めることが

目的となっているので、3年ほど経つと、

企業カラーが自分に合わないということがでるらしい。

こうした若者は就職したのであって、

就社したのではないという意識が強いのではないかと思う。

私は、広告の仕事をしたくて、広告代理店を選びそのなかで、

自分のやりたい仕事を見つけ続けてきた。

30代半ばまで、4社以上の代理店に勤めて、

独立したのだが、その動機は代理店にいたのでは、

自分の制作したいことができないからだった。

広告制作の職業に就職したという気持は、

65歳で、引退するまで変わらなかった。