読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バロック音楽と演奏習慣

バロック時代以前の音学、作品遺作の再現芸術ですが楽譜上に、記入されている記号は現代使用されている記号の意味と、

全く違う意味で記入されて居る事も事実です。

従って現在のコンポラ状態に在る演奏家に依っての演奏は、

全く違う演奏で再現されて居る為、全く違って聞こえると、

言う事であの独特の演奏と音学は消え去って居ると言う事です。

翻訳されて販売されて居る古い時代の書物では其の一部は、

知る事が出来ますがレオポルド・モーツアルト氏の著書だけでも

其の一部は知る事に成りますが現在の人達は?コンポラ状態の、

環境に於いて演奏は作曲者が時代を画し演奏、聴衆と同時代で、

作曲だけが同時代性に無いだけで?コンテンポラリー状態は、

コンポラで無い状態に過ぎず楽譜が有れば演奏は可能と、

言う事ですが私にしても例に漏れず現在記譜法と演奏習慣で、

音楽習得の知識はバロック時代の演奏習慣は未学ですし、

然し、音楽感覚では過去何回かの輪廻、生まれ変わりに依って?、

楽譜解読時に現代知識では無い感覚が違うと感じる事は在り、

文献に依る知識に依っての解読で再現出来る其の感じは?、

其の感じに辿り着け?納得の再現に結び付きます。

過去の記事を御覧の方は御気付きと思いますが?バロック時代の、

演奏習慣ではクバンツ氏のフルート奏法やエマニエル・バッハ氏、

の正しいピアノ奏法、アグリコラー氏の歌唱法、作曲法では、

対位法と当時の教師が使った教則本での教師の書き込みに依って、

当時から以前の音楽が彷彿とする話ですが此の事が無くても、

バロック時代の演奏習慣と音楽に興味が有れば?当然感じる、

当時の演奏習慣と思へます。

一時、忘れられて居たバロック時代の音楽やバッハの楽譜は?、

ロマン派時代にメンデルスゾーンに依って埃被りの状態から、

コンポラ上の音楽環境で再現されて現在にも復活したと言われ、

現在、日本では音楽の父と教えられていますが、感謝仕無ければ、

バロック時代の終末の時期の音楽ですが独特の雰囲気に包まれて、

現代に蘇ったと言う事ですし然し、其の演奏習慣は忘れられ?、

メンデルスゾーン氏の時代のロマン派思想と音楽の演奏状態で、

再生、再現された事と思われて成りません?。

然し、此れもバロック時代の演奏習慣で無いにしても?、

感謝を怠る事は出来ませんが、感謝感謝と言う事です。

然し、其の音楽は当時の演奏習慣に遠く違って聞こえるにしても、

メンデルス・ゾーン氏の発見が無ければ又、違っての音楽で?、

バロック時代の音楽は音楽の基礎とも言われ?違っていたかも、

知れず?古楽器で演奏の方達の再現も音楽は矢張り?同じで?、

クラシック音楽の世界も違って居たのかも知れません。